×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
U.C108年・・・

【貨物船格納庫】

『スコット聞こえる?』

1人のまだあどけなさが残る少女がMSのコックピットの中から外に入るもう一人の男に無線で呼びかける

「あぁ、感度は良いな。あとは武装のチェックか・・・」

それにMSの外装に取り付いていた男――スコット――が答える

「しかしレディス、よく機体が見つかったな」

MSの中にいた少女――レディス=レオノフスキー――がMSのコックピットを開けて出てくる

「確かに・・・いくら武装があって本体だけを入手するだけでもウェラー大佐とは連絡をとってないし・・・あの時、妙に警備が少なかったのもおかしいわね」

彼らは2ヶ月ほど前に貨物船を襲った、その貨物船に組み立て途中のMSが搭載されていたからだ、そして作戦は成功、しかしあまりにも楽だったため一時は罠と考えていた

「まさか大佐がこちらの事を見通して?」

「考えられるわね、他に考えられるのは極秘に進められていたから警備の数が少ないほうが良かったとか?」

「まったく連邦軍は……」

そこまで言ったときスコットの言葉は警報に掻き消された

『敵襲!?』

その場にはRX−93――νガンダムDFF――があった・・・
 
 

機動戦士ガンダム If story
〜戦士達の軌跡〜
 

スコットとレディスはすぐさま貨物船のブリッジに向かった

「艦長!敵はなんですか!?」

そのスコットの言葉に少しだけあごにひげの生えた艦長はもう少し様子を見ろと
二人をなだめる

その時、貨物船のブリッジの直前に一機のMSがマシンガンを構えた状態で
あらわれた、銃口はブリッジに向けられて、いつでも発射できる状態・・・
発射されれば貨物船のブリッジなど瞬時に吹き飛ばされてしまうだろう

そしておそらく接触回線だろう、MSのパイロットが通信を送ってきた

『すでに包囲は完了した、ただちに積荷を全て捨てて投降しろ、我々はジオン独立火星軍だ』

その言葉のとおりだろうか…艦の周りにはMS−06―ザク―やMS09R―リックドム―などが散開していた・・・

たしかにザクやドムなどの機体は旧式だ、しかしあいにく貨物船には武装がまったく無かった、武装の無い貨物船などMSの敵には全くならない…

その時レディスがブリッジから突然駆け出した。

行く所はわかっている
スコットは追う前に艦長を見た、艦長はすでにMSハッチを空ける準備に入っていた

武装の作業は終わっていない…しかしそんな問題は考えていない連中が多いようだった
スコットは思わず苦笑してからレディスの後を追った
 
 
 
 

スコットがノーマルスーツを着てνガンダムにたどり着いた時
すでにレディスはコックピットの中に居た

「レディス!この機体の武装の整備は終わってないんだぞ武装を使わずにどうやって
倒すんだ?」

「そんな事……やってみなきゃわからないでしょ!」

「無知と無能は死に至る病じゃなかったのか?」

「うっ・・・・・・だったらどうす・・まさか・・・」

「あぁ、俺も乗る、今は副座だな、後ろで武装のチェックを同時に行なうからな」

「……じゃぁとっとと乗りなさい!この間にも攻撃があるかもしれないでしょ!」
 
 
 
 

その時ザクのパイロットはイラだっていた、相手が中々要求に応じないからだ

上層部からはできるだけ無傷で貨物船ごと捕獲するように言われている
通常の作戦ならば不意打ちでブリッジを破壊するが今回は出来ない…
あくまで最後の手段であり、相手が要求を飲み込むように説得するのが一番なのだ

その時あまりにもイラだちすぎて仲間の声が聞こえていなかった
その声を聞いたとき彼は蒸発していた・・・
 
 

νガンダムDFF、通常のνガンダムはフィンファンネルが6個付いているが
DFF――ダブルフィンファンネル――は倍の12個がついている機体だった
しかしそのためにビームサーベルは1本しか搭載できない条件もあった
 

「ビームライフルの修正完了、フィンファンネルは時間が掛かるぞ!敵は何機だ!」

「確認できるだけで25機、何機か…あと8機は陰に隠れている!戦艦が見あたらないけど大隊並の規模ね」

そう言いながらも2機の機体をビームライフルで破壊する
しかし多勢に無勢……マシンガンの弾はシールドでバズーカはバルカンで打ち落としていたが、相手がフィンファンネルが使えないと知ると一気に大量の機体で攻めてきた

無論的確に敵の機体をビームライフルで落としていく、しかし一発のビームライフル
MS−14――ゲルググ――から放たれた光がビームライフルを直撃、ライフルを焼失した

「ねぇスコット・・・ファンネルの調整にあとどれぐらいかかる?」

「早くて5分だな…回避し続けられるか?」

「流石に無理かもね…残り18機隠れてる奴も含めると26機絶望的ね…」

すでにシールドも放棄してサーベルのみ・・・バルカンの弾数も残り半分
ファンネルが使えれば何とかなるが…5分は長い・・・

すでに敵は取り囲んでいる……もう終わりかと二人が思った時その声は届いた
 

『こちら地球連邦軍Ω特務NT独立部隊リュウゼン隊、νガンダムDFF、これより援護する』

『リュウゼン隊?』

二人はその名を知らなかったそもそもまだ機影が確認できていない

次の瞬間ゲルググの一機が突然あらわれた機体に“蹴り”を受け頭部が無くなる
さらに流れる動作で謎の機体はビームライフルを破壊しゲルググの戦闘能力を完全に奪う

そして二人はゲルググがやられた直後に気がついた……その機体の名前と“色”に

赤いνガンダムに・・・・・

その赤い謎のνガンダムはさらにフィンファンネルを展開してあっという間に
6機のMSを戦闘不能にさせる、

コックピットを狙わずに頭部モノアイや武装、腕や足などをピンポイントで破壊していた

ざっと見て通常のνガンダムの3倍以上の反応速度はある
そもそもフィンファンネルの操作技術はパイロットのNT能力に比例することが多い
ピンポイント破壊などまず出来ないはずなのだ…NTとしての能力が格段に優れていれば
もちろん可能かもしれない、しかし今の連邦軍にそんなNTがいるという話は聞いたことが二人とも無かった

レディスは赤いMSの伝説を思い出したが、とにかく自分を狙ってくる機体を一機ビームサーベルで破壊する

敵の残りの機体があと8機になった所で隠れていた8機が出てきた……

MAクラスの機体―ビグロやアッザム―が5機…さらにはハイザック、ギラドーガもいる

「スコット!ファンネルは!」

「もう少し・・・よしっ終わった」

その言葉を聞いた瞬間にレディスはフィンファンネル12個を一気に稼動させる

しかし少し操作しただけで突然ファンネルの動きが止まってしまう

「バカのスコット!直ってないじゃないの!」

「違う!これは・・・AFS!?」

AFS――アンチファンネルシステム――全てのフィールドの作用を押さえ込むこの装置は
ファンネルはおろかIフィールドなども押さえ込む装置だった

スコットはもう一機の赤いνガンダムを見た
その機体はビームサーベルも抜かずに蹴りだけで敵をなぎ倒していた
そしてその機体からまた通信が這入る

「νガンダムDFF、これから30秒後にファンネルが使えるようになる一気に落とすぞ」

AFSが作動しているがその言葉は真実に聞こえた
レディスは短く「了解」と返事をして機体を近くの漂流物の陰に隠す

そこで貨物船のことを心配したが積荷をしっていての事だろうから
まず心配は要らなかった

そこにさらに1機のMSが現れる、最初は敵かと思ったが赤いνガンダムと同じ
識別信号をだしていたので味方だ・・・

しかし機体は2人とも見たことが無かった
HI-νガンダム……νガンダムをベースに様々な改良を重ねた機体である
しかしその機体はさらに巨大な“翼”を持っていた………
その機体の翼が広げられた時、ふいにフィンファンネルが使えるようになる

『いまだっ!フェンネルを!』

その声を聞いてHI-νガンダムの翼に見惚れていたレディスは即座に
回復したフィンファンネルを一気に敵に叩き込む

νガンダムDFFの12個、赤いνガンダムの6個、さらにはHI-νガンダムの6個のフィンファンネルが敵を正確に打ち抜いていく。

しかし最後に2機・・・・超巨大MA・・・・Iフィールドを搭載しνガンダムの3倍の大きさはあろうと思われる2機がフィンファンネルをIフィールドで防いだ。

その2機のMAは………

『ビグザムとノイエジ―ル……しかし型が少し違うな…改良型か!?』

HI-νガンダムのパイロットの声が届く、先に敵の機体に気付いたのは
スコットだった。

「あの機体はビグザム0号機とノイエジ―ル?だ!以前アナハイム社のデータで見たことがある、ビグザム0号機は大量のビーム兵器をもっていてノイエジ―ル?はファンネル搭載機だ!2機とも化け物じみた能力だったが行方不明になっていたんだ…何故ここに…」

それに赤いνガンダムのパイロットが付け加える

『ノイエジ―ル?は近距離戦、遠距離戦どちらでも対応可能な拠点強襲、防衛用のMAだ、完全にサイコミュシステムが入っている、パイロットはNTか強化人間だな』

しかし謎だったのはビグザム0号機であった・・・4人はとりあえず言っておく

「「『『脚が無いな・・・・』』」」

そして赤いνガンダムのパイロットが呟く

『以前脚が無いMSに乗らされるときに言われたな、脚など飾りだと・・・』

その言葉が合図になったかのようにビグザムがビームを乱射しながら突撃してくる
まるでその姿は巨大なボールの特攻である

3機のνガンダムは易々と回避する
そしてHI‐νガンダムがビームサーベルで切り付けてあっけなく破壊する・・・・
まるで展示するための物のようなもろさであった・・・

だが、まだノイエジール?が残っていた、

3機のνガンダムは散開して、ノイエジール?をかこむ、Iフィールドは無論
無敵というわけではない、極度の負担がかかれば機能が停止してしまう

3機のνガンダムはすべてのファンネルをさまざまな方向から叩き込む
ノイエジ―ル?もファンネルやビーム砲を動因して破壊しようとしてくるが
ビームは何も無い場所を空しく焦がして3機のνガンダムにはかすりもしなかった

そして突然Iフィールドが消えうせてノイエジール?の動きが止まる
次の瞬間大量のビームを浴びて爆発するが脱出ポッドは出ていてHI−νガンダムはそれを捕獲していた・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 

レディスとスコットは2機のνガンダムが攻撃してくることも考えたが
2機のνガンダムはそのような様子をまったく見せずに
2人に通信で少し話しがしたいといってきた

いろいろと補給物資を分けてくれるらしいが心配ではある
しかし先の戦闘から2機のνガンダムのパイロットの技量は自分たちを上回っていた
この交渉に乗らなければどうなるかはわからない
2人は交渉にのり後方にいたクラップ級の艦に招待された

一緒にいた貨物船はどうやら最後まで無事だったようである
随行してクラップ級の横に並ぶ
2人は赤いνガンダムの後ろについてクラップ級のMSデッキに入る
MSデッキの中には百式やジム?などの旧式機体などがあったが量産型νガンダム
もあり、戦力はνガンダムが中心のようだ

デッキのハッチが閉められてMSデッキ内に酸素が送り込まれてノーマルスーツ無しでも出られるようになったときに2人はハッチを開けて外に出た

するとそこには2人の男が立っていた
一人はサングラスをかけて赤い服を着ている…おそらくは先ほどの赤いνガンダムのパイロットだろう、もう一人は白いノーマルスーツを着たどこか優しげな男だった

その時にレディスは「あっ」と声を上げて二人に言った

「もしかしてあなた方は………」

END
 
 
 
 

--------------------------------------------------------------------

あとがき&解説

うぐ……納得いかない作品になってしまった(爆

さてオリジナルの機体を出したのですが……戦闘シーン駄目駄目ですね…精進しなれば

簡単な解説としては赤いνガンダムは通常のνガンダムにくらべて駆動系やバーニアが理論的には3倍の能力を出すことが可能です。

一方のHI−νガンダムはAFSを中和するためのシステムを搭載
そのシステムを背中に巨大な翼としてつけています
展開した状態ではフリーダムガンダムのような状態です

さらにレディスとスコットのバカカップル(?)ですが
オリジナルではありません
彼らのことについてはメディアワークス発行の
『ガンダムReon』を参照してくれると嬉しいです
 
 

その他、感想や苦情、2人の謎のパイロットの名前などのメールはどうぞお好きなようにお願いします。石は投げないでください(つД`;)